VIRL: 最新 August release (virl.0.9.280) へのバージョンアップ手順

注: April release へのバージョンアップとほぼ同様ですが、若干手順が異なるので注意してください。

こんにちは ccieojisan です。

先日 VIRL August Release (virl.0.9.280) のアナウンスがありました。今回のバージョンアップでは下記のような点が変更点になっています。

  • IOSv 及び IOSvL2 で CPU 負荷が軽減された
  • IOSvL2 では下記の機能が使えるようになった
    – Vlan Access Maps(VACLs / access control lists for vlans)
    – ACL functionality for both layer2 and layer3 protocol packets
    – Dynamic Trunking Protocol support
    – Switchport protected mode
  • NXOSv では NXAPI 及び MPLS LDP がサポート
  • LXC support。LXC(LinuX Containers) によりコンテナとして稼働できるため、二つ目以降のインスタンス起動に少し時間はかかるが、メモリ/CPU消費が軽減される
  • GNS3の設定ファイルがインポート/エクスポートのサポート(完全ではなく、一部手動でどうも修正が必要)
  • VRF-Lite on Mgmt networks。管理用インタフェースとして vrf Mgmt-intf をデフォルトで使うように変更された
  • Live Visualization major update。LXCを使って動的に Visualization が変わるようになったらしい。色々と仮想ルータ等からARP情報などを取得して Visualization 画面上で見れるようです。(試してみないとよくわからないので、またバージョンアップ後色々試してシェアしますね)
  • UWM(User Workspace Manager)の各種機能追加。(GitHub との連携が素敵な気がするが、これも後日試してみます。)

それでは April release(virl.0.9.242) -> August release(virl.0.9.280) のアップグレード手順を紹介します。

April release (virl.0.9.242) は 9/14 までのサポートのようなので、早めにバージョンアップしましょう。

スポンサーリンク

1.はじめに

前回の April release へのバージョンアップと同じく、In-place upgrade でバージョンアップをします。

August release でのコンポーネント情報。Openstack が Icehouse のままなの以外は、バージョンアップしてますね。

Openstack Icehouse
VM Maestro 1.2.3 Build Dev-288
AutoNetkit 0.18.1/0.18.9
Live Network Collection Engine 0.6.11
VIRL STD 0.10.17.7

仮想ルータのバージョンは下記になります。全てバージョンアップされてます。VIRLの良いところは最新のバージョンが使えるところですね。

IOSv – 15.5(3)M image
IOSvL2 – 15.2.4055 DSGS image
IOSXRv – 5.3.1 image
CSR1000v – 3.16 XE-based image
NX-OSv 7.2.0.D1.1(121)
ASAv 9.4.1
Ubuntu 14.4.2 Cloud-init
Ubuntu 14.4.2 LXC
iPerf LXC

2.In-Place Upgrade

既に VIRL VM を作っており、April release を使っている人のためのアップグレード方法になります。

念のため、バージョンアップの前に VIRL VM のファイル一式をバックアップすることをオススメします。

2-1.バージョンの確認

まずは VIRL VM を起動して、VIRL VM の IPアドレス へアクセスしてください。例: http://192.168.229.128/
User Workspace Managementをクリックしてください。

virl130

ログイン画面が表示されますが、ログインしなくても画面下に下記表示があるはずです。

virl131

下記が今までリリースされたバージョンになります。

User Workspace Management 0.10.10.18 == Dec’14
User Workspace Management 0.10.13.11 == Feb’15
User Workspace Management 0.10.14.20 == Apr’15
User Workspace Management 0.10.17.7 == Aug’15

上記から、0.10.14.20 と表示されているので、現在のバージョンは April release だと分かります。

UWM に uwmadmin/password でログインして、左メニューの “Salt status” をクリックします。

virl132

次に表示される画面で、下記どちらかが Masters の項目に表示されているのを確認してください。

  • us-virl-salt.virl.info
  • us-virl-salt.virl.info

virl133

2.2 アップグレードオプション Full or Quick

アップグレードは下記のどちらかが選べます。

  • Full : VIRL 及び Linux システム(Ubuntu)をアップグレード ※推奨
  • Quick : VIRL のみアップグレード

本記事では、推奨の Full で進めます。

2.3 Full アップグレード手順

まずは VIRL VM を起動させた状態で、SSH で VIRL VM へログインしてください。※必ずシミュレーションが動作していない状態になるよう、一旦 VM を落として、起動直後から始めてください。

SSHセッションが切断された場合などでもインストールが続行されるように、screen を使うことが推奨されているので、インストールします。

screen セッションを開始します。

下記表示が出るので、プロンプト表示に戻るまでスペースキーを何回か押してください。

これでもしSSHセッションが切れたとしても、ログインし直して screen -r を入力するとインストールを再開できます。

UWM にログインし、左メニューの “Projects” をクリックします。

virl134

guest 以外のアカウントをチェックして、export をクリックします。”Save as JSON” を選択。

virl135

下記のようにブラウザの左下とかでファイルが保存されていれば OK です。
virl141

次に guest にチェックを入れて Delete をクリックして削除します。※ guest はアップグレード内で作成されます。

virl136

確認画面が表示されるので、Delete をクリック。

virl137

次の緑の表示が出れば無事削除完了です。

virl138

/etc/virl.ini の内容をチェックし、ファイル内の下記の二行が異なる場合は下記に合わせます。※プロキシは使わない前提としてます。

DHCPではなくスタティック(静的)にIPアドレスを設定している場合は、UWMの System Configuration Controls から枠の中の部分の設定が正しいことを確認しておいてください。※画面は DHCP の設定になっているので注意。

virl139

やっと、アップグレードです。次のコマンドを順番に実行します。

“True” と表示されていることを確認してください。True と表示されない場合は、VIRL VM から Cisco Salt Master server への接続に問題があります。

上記コマンドを実行すると、エラーが出る場合が無視してください。インターネットの回線及びUbuntuのレポジトリとの通信環境にもよりますが、30-40分くらいかかります。

動いているか心配な人は、別ウィンドウで SSH で VIRL VM へアクセスし、top コマンドで ‘dpkg’,’salt-*’,’pip2′ とか ‘apt-get’ というプロセスが上の方にきているのを確認できます。

スクリプトの実行が終了すると、自動で再起動されるか、下記コマンドで手動で再起動を行います。

VIRL VM が起動してきたら、もう一度 SSH でログインをして下記を実行します。

上記実行後に、エラーが見受けられるかもしれませんが、無視します。

そしてもう一度再起動します。

2.4 新 VM image のインストール

VIRL VM が起動したら、VIRL VM の IP アドレスへブラウザでアクセスします。例 : http://192.168.229.128/
そして User Workspace Management をクリックします。

virl130

VIRL Software をクリックします。

virl142

Username / Password を聞かれたら、uwmadmin/password を入れて ログインします。次の画面が見えるまで少し時間がかかります。

“Cisco VM image upgrades” のところで、右側にチェックボックスがあるイメージの全てにチェックを入れて、”Start installation” をクリックします。

virl143

上記全てアップグレードするのに、私の環境では 2時間15分 くらいかかりました。各イメージの所要時間は下記画面を参照ください。

virl144

OK をクリックします。

次に LXC イメージをインストールします。右側のチェックボックスにチェックを入れて、”Start installation” をクリックします。

virl145

こちらは 10分程度で終わりました。

virl146

OK をクリックします。

3. VM Maestro のアップグレード

VIRL をバージョンアップすると、VIRL を操作する VM Maestro もアップグレードをする必要があります。

下記のステップの前に現在インストールされている VM Maestro をアンインストールしておいてください。

VIRL VM の IPアドレスを使って、http://192.168.229.128/download にアクセスします。下記画面が表示されるので、64bit版のファイルをダウンロードします。※ご使用に環境によりダウンロードするファイルは異なります。

virl147

ダウンロードしたファイルを実行します。下記の手順でインストールを行ってください。

virl148

virl149

virl150

virl151

virl152

virl153

上記 Finish をすると、VM Maestro が起動します。初回起動時は下記ダイアログが出るので、Remember my decision にチェックを入れて Agree しときます。

virl154

User Experience Improvement のダイアログも表示されるので、好みに合わせてチェックして OK で次に進んでください。

virl155

Server に VIRL VM のアドレスを入れて OK で進みます。アドレスを入れた後に “All web services are verified” の表示になるのを確認しておきましょう。

virl156

subtypes のリストを下記手順で更新します。File->Preferences->Node Subtypes を選択し、下記画面になります。

virl157

Restore Defaults をクリックし、ポップアップで OK を押し、Apply を押します。

virl158

続いて Fetch from Server をクリック、ポップアップで OK を押し、Apply -> OK します。下記は Fetch from Server した後の画面ですが、LXC など新しいものが追加されているのが分かります。

virl159

最後に必要であれば UWM の Projects から最初の法でエキスポートしたプロジェクトファイルをインポートしてください。

virl160

上の手順では uwmadmin をエキスポートしていたんですが、特に変更もしていないので、私はインポートしませんでした。

virl161

試しに IOSv を 2台 起動してみましたが、問題なく起動し、下記の通りバージョンも 15.5(3)M で新バージョンになってます。

以上が August release へのアップグレード手順でした。色々と機能追加されている部分は時間を見つけて試してまた、書きたいと思います。

ではでは。

スポンサーリンク

フォローする