WordPress: Google Analytics を使ってアクセス解析

こんにちは。ccieojisan です。

マニアックでまだあまり普及していない VIRL ネタを扱ってしまっているので、アクセスがほとんど無い本ブログですが、一応 Google Analytics でアクセス解析を行っています。

今回は Google Analytics で解析を行う方法についてです。WordPress + テーマ Simplicity を使った内容となっています。また、既に Google Analytics で解析を行っている状態からサイトを追加する方法になりますが、まだ解析をしていない人にも参考になるかと思います。

まずは Google Analytics のページへアクセスします。

GA1

右上の “ログイン” をクリックしてログインしてください。

GA2

メニューから “アナリティクス設定” をクリックし、アカウントのプルダウンから “新しいアカウントを作成” をクリック。

GA3

アカウント名、ウェブサイト名、ウェブサイトのURL、業種、レポートのタイムゾーンを入力または選択し、”トラッキング ID を取得” をクリック。

GA4

利用規約を読んで、”同意する”をクリック。

GA5

すると画面に UA- で始まるトラッキングIDが表示されるので、メモしてください。

次はウェブマスターツールIDを取得します。ウェブマスターツールにログインしてください。

GA6

上記 “サイトを追加” をクリック。

GA7

管理するサイトの URL を記入して “続行” をクリック。

GA8

タブの “別の方法” をクリック、HTMLタグをチェックし、”例を表示” をクリック。表示された内容内の content=”” の中身をメモしてください。これがウェブマスターツールのIDになります。

WordPress の設定画面に一旦戻ります。

GA9

外観->カスタマイズ->アクセス解析の箇所で、上記でメモした Google AnalyticsトラッキングIDとウェブマスターツールIDを入力し、保存をクリックします。※ユーザー属性とインタレストカテゴリレポートに対応にもチェックを入れておきます。

ウェブマスターツールの画面に戻ります。

GA10

“確認”をクリックします。

GA11

上記画面が表示されれば、問題なくウェブページの所有権が確認できたことになります。

Google Analytics ページへアクセスし、ユーザ属性とインタレストカテゴリの有効化をしておきます。

GA12

上部メニューの “レポート” をクリック、ユーザの分布の “サマリー” をクリックし、表示される画面の “有効化” をクリック。

GA13

上記画面が表示されれば、問題なく有効化できました。データの取得には24時間ほどかかる場合があります。

GA14

上記は ccieojisan.net のユーザ属性の解析データです。20-30代のユーザが多いことが分かります。どちらかというとマニアックなページですが、女性のアクセスも一割近くあるというのが意外でした。

以上、WordPress + Simplicity で Google Analytics 解析を行う方法でした。ブログを運用していく励みにするためにも、アクセス解析は是非おすすめです。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク