WordPressをプラグインで簡単バックアップ

こんにちは。ccieojisanです。

本ブログは WordPress を使用しているのですが、もしもの時を考慮してバックアップの方法を調べてみました。バックアップに手間をかけたくないので、自動でバックアップしてくれる方法です。

サーバーはロリポップを使用しているので、同じ方は参考になるかと思います。でも他のサーバーを使用している人にも使える方法かと思います。

WordPress では大きく下記2つのバックアップが必要です。

  • データベースのバックアップ
  • サーバのバックアップ

上記それぞれに対してプラグインを導入してバックアップします。下記が詳細な手順です。

スポンサーリンク

データベースのバックアップ

WordPress で使用しているデータベース(記事データや各種設定)をバックアップするため、WP-DBManager プラグインを導入します。

WordPress の管理画面から、プラグイン->新規追加を選択。

backup1

右側にある検索ボックスに “WP-DBManager” と入力し検索。

backup2

使用している WordPress との互換性も確認できるので、”いますぐインストール” をクリック。

backup3

OK をクリック。

backup4

プラグインを有効化をクリック。

backup5

すると、管理画面に下記エラーが表示されます。英語ですが下2つのコメントが解決策を記載してくれています。いずれも FTP ソフト等でサーバへアクセスし、へ変更してください。※ backup-db フォルダも FTP ソフトを使って作成する必要があります。

  • wp-content/plugins/wp-dbmanager/htaccess.txt を wp-content/backup-db/.htaccess へ名前を変えて移動させる
  • wp-content/plugins/wp-dbmanager/index.php を wp-content/backup-db/index.php へ移動させる

backup6

上記2つのファイルを移動させた後、再度プラグインのページを開いてリフレッシュすると警告は消えます。

プラグインのインストールが完了したら左のメニューに Database という項目が見えるようになるので、Database -> Backup DB を選択。

backup8

表示された画面で下記のように全てグリーンであれば、問題無しです。

backup9

ではバックアップの設定をします。

backup10

設定画面を見ると、一週間ごとにバックアップするようになっているので、そのままデフォルトで設定画面したの “Save Changes” をクリックします。
下記画面の下にはバックアップ時にメール送信をする宛先のメールアドレスなどを記載するところがあります。適宜都合の良いものに変更してください。

backup11

すると、さっきチェックした項目の上に次回バックアップの日付が表示されます。

backup12

設定直後にバックアップが生成されているはずなので、バックアップが実行されているか確認します。”Manage Backup DB” をクリック。

backup13

下記のように作成された日から無事作成できていることを確認してください。

backup14

ここまででは、データベースのバックアップ設定の手順は完了です。

サーバのバックアップ

プラグインや画像、テーマのバックアップには “WordPress Backup to Dropbox” を使います。

下記がインストールと設定手順です。※ Dropbox のアカウントを持っている前提になっています。アカウントを持っていない人は作成する必要があります。

WordPress の管理画面から、プラグイン->新規追加を選択。

backup1

右側にある検索ボックスに “WordPress Backup to Dropbox” と入力し検索。

backup15

使用している WordPress との互換性も確認できるので、”いますぐインストール” をクリック。

backup16

OK をクリック。

backup4

プラグインを有効化をクリック。

backup17

すると左メニューに “WPB2D” という項目ができているので、そこにマウスを移動させ、Backup Settings をクリック。

backup18

下記画面が表示され、Dropbox と連携させる必要がありますので、Authorize をクリック。

backup19

すると新規タブが開き、下記画面が表示されるので、許可をクリック。

backup20

すると下記連携ができた旨の表示がされます。

backup21

連携が完了したので、WordPress の管理画面に戻り、WPB2D 項目の Backup Settings をクリック。

backup26

すると設定画面が開くので、下記 Day and Time(日時) 及び Frequency(頻度) の箇所を変更して設定画面下の “Save Changes” をクリック。

backup28

上記画面ではバックアップしないファイルを設定することも可能です。

以上でサーバのバックアップ手順も完了です。

今回案内した方法で WordPress のプラグイン、画像、テーマ及び DB が自動でバックアップできます。今までバックアップしようかモヤモヤしていたので、これで何かの際にも対応できるようになり安心です。

スポンサーリンク

フォローする