画面キャプチャならWindows標準装備の Snipping Tool

Windows8(たぶんもう少し前からついてる)に標準で付いている Snipping Tool を紹介したいと思います。

以前は画面の一部をキャプチャしたい場合、画面キャプチャ用のツールを入れたり、PrintScreen ボタンで画面をキャプチャしてWindows標準アプリのペイントで編集をしていましたが、もうその必要はありません!

なんと Windows に標準で付いている Snipping Tool で十分です。(ただ画面の一部をキャプチャしたいだけなら。)

使い方も簡単ですが、簡単に使い方を書いてみます。

 snip1

まずは snipping tool を検索して上記ハサミのアイコンで表示される Snipping Tool を起動します。

snip2

上記が Snipping Tool を起動した画面です。キャプチャするには上記 “New” をクリックします。
※英語版Windowsのため、日本語版だと表示が異なる場合があります。

 snip3

上記のように画面がグレーっぽい画面になるので、マウスで画面キャプチャしたい範囲をドラッグします。

snip4

ドラッグすると、上記のように Snipping Tool アプリケーション上に切り取った画像が表示され、同時にクリップボードにもコピーされます。

その後は画像を貼り付けたいアプリケーショに貼り付けるか、Snipping Tool 上でJPEG や PNG で保存することができます。

全画面をキャプチャしたい場合は、従来通りの PrintScreen が便利ですが一部を切り取りたい場合は Snipping Tool を使うのが便利です。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク